日本では指導者としてもお馴染みで、Jリーグの黎明期から名古屋グランパスエイトで活躍してきたドラガン・ストイコビッチ。
その巧みなボールコントロールと鋭いドリブル、ピンポイントでチャンスメイクする華麗なパスワークなど、東欧のマラドーナと呼ばれたことも。

パワーとスピードで圧倒するタイプの選手ではなく、技術で試合を作るテクニシャンです。

時代に翻弄された過去を持ちながらも、サッカーで輝き続けたストイコビッチの戦績を見ていきましょう。

ストイコビッチ 基本情報

名前

ドラガン・ストイコビッチ
Dragan Stojković

出身 セルビア・ニシュ出身(旧ユーゴスラビア)
生年月日 1965年3月3日生

旧ユーゴスラビア出身のストイコビッチは、3歳の頃から路上でサッカーを始めたと言われています。
幼少期の頃からすでに実力はトップクラスだったのでしょう。

14歳でFKラドニツキ・ニシュの下部組織へ入団し、16歳になるとトップチームへ昇格を果たします。

ストイコビッチ クラブ実績

 

ラドニツキ・ニシュへの入団から10年はユーゴスラビア国内リーグで活躍していますね。

当時のユーゴスラビアは26歳以下の選手が海外へ移籍することを禁止していたため、ユーゴでのキャリアが長くなったのでしょう。(ただしその後特例で移籍が認められた。)

このときラドニツキ・ニシュからユーゴの強豪クラブであるレッドスター・ベオグラードで巨額の移籍金+レギュラークラスの選手5人とトレード。
成績を見ても圧倒的な活躍が手に取るようにわかります。

その後ヨーロッパへ活躍の場を移しますが、度重なるケガやチームの八百長問題、戦術の確執など様々な要因で日本のJリーグへ。

ストイコビッチはJリーグでも個人タイトル、チームタイトルを多数獲得しています。

ドラガン・ストイコビッチ経歴
1981-82年
ユーゴスラビア
所属クラブ名 ラドニツキ・ニシュ
出場 1試合
得点 0得点
チームタイトル
個人タイトル
1982-83年
ユーゴスラビア
所属クラブ名 ラドニツキ・ニシュ
出場 17試合
得点 1得点
チームタイトル
個人タイトル
1983-84年
ユーゴスラビア
所属クラブ名 ラドニツキ・ニシュ
出場 33試合
得点 5得点 
チームタイトル
個人タイトル – 
1985-86年
ユーゴスラビア
所属クラブ名 ラドニツキ・ニシュ
出場 25試合
得点 4得点
チームタイトル
個人タイトル – 
1986-87年
ユーゴスラビア
所属クラブ名 レッドスター・ベオグラード
出場 39試合
得点 17得点
チームタイトル
個人タイトル – 
1987-88年
ユーゴスラビア
所属クラブ名 レッドスター・ベオグラード
出場 31試合
得点 16得点
チームタイトル プルヴァ・リーガ 優勝
個人人タイトル プルヴァ・リーガ 最優秀選手賞
1988-89年
ユーゴスラビア
所属クラブ名 レッドスター・ベオグラード
出場 33試合
得点
チームタイトル
個人タイトル プルヴァ・リーガ 最優秀選手賞
1989-90年
ユーゴスラビア
所属クラブ名 レッドスター・ベオグラード
出場 37試合
得点 10得点
チームタイトル プルヴァ・リーガ 優勝
ユーゴスラブカップ 優勝
個人タイトル プルヴァ・リーガ 最優秀選手賞
1990FIFAワールドカップベストイレブン
レッドスター・ベオグラードの5人目の星人選出
1990-91年
フランス
所属クラブ名 マルセイユ
出場 18試合
得点 10得点
チームタイトル ディヴィジョン・アン 優勝
個人タイトル
1991-92年
イタリア
所属クラブ名 エラス・ヴェローナ
出場 21試合
得点 3得点
チームタイトル
個人タイトル
1992-93年
フランス
所属クラブ名 マルセイユ
出場 0試合
得点 0得点
チームタイトル
個人タイトル
1993-94年
フランス
所属クラブ名 マルセイユ
出場 19試合
得点 5得点
チームタイトル
個人タイトル
1994年
日本
所属クラブ名 名古屋グランパスエイト
出場 17試合
得点 4得点
チームタイトル
個人タイトル
1995年
日本
所属クラブ名 名古屋グランパスエイト
出場 45試合
得点 17得点
チームタイトル 天皇杯 優勝
個人タイトル Jリーグベストイレブン
Jリーグ最優秀選手賞
日本年間最優秀選手賞
1996年
日本
所属クラブ名 名古屋グランパスエイト
出場 34試合
得点 16得点
チームタイトル FUJI XEROX SUPER CUP 優勝
個人タイトル Jリーグベストイレブン
Jリーグチャンピオンシップ最優秀選手
Jリーグオールスターサッカー最優秀選手
1997年
日本
所属クラブ名 名古屋グランパスエイト
出場 27試合
得点 3得点
チームタイトル サンワバンクカップ優勝
個人タイトル
1998年
日本
所属クラブ名 名古屋グランパスエイト
出場 33試合
得点 8得点
チームタイトル
個人タイトル Jリーグオールスターサッカー最優秀選手
1999年
日本
所属クラブ名 名古屋グランパスエイト
出場 34試合
得点 15得点
チームタイトル 天皇杯優勝
個人タイトル Jリーグベストイレブン
2000年
日本
所属クラブ名 名古屋グランパスエイト
出場 38試合
得点 10得点
チームタイトル
個人タイトル Jリーグオールスターサッカー最優秀選手
2001年
日本
所属クラブ名 名古屋グランパスエイト
出場 17試合
得点 3得点
チームタイトル
個人タイトル Jリーグ功労選手賞
通算
出場 239試合
得点 79得点

ストイコビッチ 代表実績

ストイコビッチの代表実績は1984年から2000年まで。

しかし1992年、ストイコビッチ率いるユーゴスラビア代表はUEFA EURO ’92を7勝1敗という圧倒的な強さで予選を勝ち進みました。
しかしユーゴスラビアからクロアチアが独立宣言。

するとユーゴスラビア代表選手数名がクロアチア国籍を取得してチームからいなくなり、さらにチームは内戦に対する制裁でUEFA EURO ’92の出場停止処分を受けてしまいました。

政治、内戦などに翻弄されたストイコビッチが、悲運の天才と称される所以です。

大会名 チーム成績 個人成績
1984  UEFA欧州選手権1984
1984  ロサンゼルスオリンピック 銅メダル
1988  ソウルオリンピック 優勝
1990  1990FIFAワールドカップ ベスト8 ベストイレブン選出
1998  1998FIFAワールドカップ  ベスト16
2000  UEFA EURO 2020  ベスト8

主な国際試合の結果は以下の通りです。

試合数 得点 主な試合、タイトルなど
1983 1 0  –
1984 5 2 UEFA欧州選手権1984
ロサンゼルスオリンピック 銅メダル
1985 2 0 – 
1986 0 0 – 
1987 5 2 – 
1988 6 2 ソウルオリンピック 優勝
1989 11 1 – 
1990 9 2 1990FIFAワールドカップ ベスト8(ベストイレブン選出)
1991 1 0 – 
1992 1 0 – 
1994 2 0 – 
1995 3 0 – 
1996 8 3 – 
1997 7 0 – 
1998 10 1 1998FIFAワールドカップ ベスト16
1999 4 2 – 
2000 7 0 UEFA EURO2020 ベスト8
2001 2 0 – 
通算成績 84 15  

試合を作り決定的なゴールシーンを演出するレジェンド

ストイコビッチと言えば、雨が降りしきるピッチでリフティングをしながらドリブルをする、という伝説のプレーを覚えている人も多いでしょう。
時代を超えて語り継がれているプレーですが、他のゴールやアシストを見ても、ドリブルやパス回し、フリーキックなど美しいプレーの数々はまさにレジェンド。

時代に翻弄された悲運の天才、ピクシーことストイコビッチの紹介でした。

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

フットボールジャンキーの
最新情報をお届けします

Twitterでフットボールジャンキーをフォローしよう!